FullSizeRender
猫…大好き…
FullSizeRender
猫…私の10倍長生きして欲しいなァ…
FullSizeRender
それから妖怪になって永遠の命を手に入れて欲しいなァ…

というわけで今回は天災から猫と避難する為に真剣に猫用の避難袋を作ってみました。
私は成人してから体を鍛える行為を全くしておらず、全身の筋肉が無に近いので、そんな私でもギリギリ持って逃げられる重さに鞄を調節して計量する事に。
※この記事では猫との避難を最優先に考えて、猫の避難に必要なものだけを鞄に詰めています。

まずはご飯。調べてみると5日分ぐらいの量を用意するのがベストみたいです。
  • 私が用意してみたのはこんな感じ
IMG_1278
●水
500mlペットボトル2本分
●いつも食べているご飯
ジップロック神(じっぷろっくしん)に入れて湿気らないように中に乾燥剤も入れておきました。
●タッパー
ご飯皿の代わりになるし軽いので抜擢
●好きなおやつ
よくあげているおやつをすこし多めに入れておきました

500mlの水が2本ある時点で既に1キロ…果たして何キロの避難袋になるんだろう。

  • トイレや衛生グッズ
IMG_1283
IMG_1296
●軽い毛布
寒い時やキャリーの目隠しに
●ハーネス
迷子にならないように
避難所などでも使えるかなと思いました
●ウエットティッシュ・タオル
何にでも使えるなと思ったので
●トイレシート・トイレチップ・ポリ袋数枚
チップ丸一袋を鞄に入れるのは流石に重いので1/3ぐらいをジップロックに入れて鞄に入れる事にしました。
シートは1週間で交換のものを念のため3枚。
●保険証・予防接種証明書
大切

余談ですが猫の保険証、猫の写真がついているんだけどめっちゃ立派で見るたびに笑ってしまいます。
IMG_1286

FullSizeRender

  • 必要なものを鞄に詰めたので重さを測ってみた
FullSizeRender
カバンの重さも入れて約3.5キロ
うちの猫が5キロなので約9キロぐらいでしょうか
ギリギリ抱えて逃げれるかなという感じにまとまりました。

IMG_1298
全部背負うとこんな感じ
移動を優先に猫はペット用のソフトケースのカバンに入れて背負ってみました。かなりずっしり。
でも早歩きでなら移動できそうな感じ。

「これにプラスで人間の避難道具となると結構な重さになってしまうな」とか、「あれは欲しいけど絶対に必要ではないから省こう」等準備しているといろいろな事を考えられてとてもいい機会になりました。

私はこのブログを書くタイミングで初めて知ったのですが、環境署のHPにペットとの避難ガイドラインが用意されているみたいです。(ここから飛べるよ


  • 最後に
九州地方の大雨について
不安な状況が続きますが、皆様のご無事を心よりお祈りいたします。
私に出来ることは少ないですが、悲しい時には寄り添えるような、ニュースを確認するのに疲れた時には少しだけ笑えるような作品をたくさん描いていきたいと思っています。
1日も早く皆様が安心できる日々を取り戻せますように。